適法の金利か違法の金利かの違いです。

広告宣伝がよくおこなわれるようになっているため、ひと昔前に比べると混同している人は少なくないでしょうが、闇金と消費者金融・サラ金はまったく別のものです。

 

まずはじめにこれだけはいっておきたいのは、いずれもなるべく頼らないようにしたほうがいいということ、とくに闇金には絶対に手を出してはいけないということです。

 

 

このことを前提として、消費者金融は適法な業者です。

 

クレジットカード会社などと同様に貸金業者のなかに含まれており、貸金業として登録、適法な金利での貸付がおこなわれています。

 

テレビCMなどでも目にする機会が多くなっているため、消費者金融に関してはわかるという人は多いでしょう。

 

 

次にサラ金ですが、これはサラリーマン金融の略語です。
サラ金は違法なイメージがあるという人は少なくないかもしれませんが、実はこれは消費者金融のことなのです。

 

なぜサラ金と呼ばれていたのかというと、サラリーマンを対象に貸付をおこなう事業者が多数存在していたためです。
時代の流れとともにサラリーマンだけでなくOL、個人事業主などに対する貸付も増加したため、サラ金という呼び名は廃れて消費者金融という呼称が定着しました。

 

 

そして闇金ですが、消費者金融やサラ金とは異なり、これは完全な違法業者です。

 

法定金利を守らないだけでなく、貸金業としての登録すらおこなわず、返済しない相手には違法な取り立てや嫌がらせをおこないます。

 

 

また、保証金などの形で貸付前にお金を取り、実際にはお金を貸さないいわゆる貸します詐欺や、別の仲間内の業者などを紹介し借入をさせ、紹介料を取ったり自らの貸付への返済をおこなわせるなど、法外な金利での貸付以外でもお金を騙し取る方法をとってくるところもあります。

 

 

消費者金融やサラ金は計画的に利用すれば急な出費に対応できるなど、良い面があります。
ただし、金利は低いとはいえないためなるべく借りずに済むようにすることが大切ですし、繰り返しになりますが違法な闇金にだけは絶対に手を出してはいけません。