相談先に選ぶべき法律家はどっち?

闇金問題の相談先としておすすめなのは、法律のプロです。
弁護士や司法書士が対応してくれますが、両者には違いがあります。

 

以下の内容をご確認いただいた上で、どちらに相談するかご検討ください。

 

 

まず、代理権を有する取り扱いが可能な金額の違いが弁護士と司法書士にはあります。

 

弁護士は金額が無制限なのに対し、司法書士は1,400,000円以下に制限されています。

 

金額が大きい場合は弁護士のほうが適している、ということになるでしょう。

 

 

また、法律の専門家に依頼すると、取り立てや嫌がらせがストップします。
これは弁護士、司法書士に依頼した場合のどちらでも、大きな違いはありません。

 

 

闇金としても法的な解決に乗り出された以上、自分達の口座が凍結されてしまうことなどは避けたいと思い、手を引く場合がほとんどです。

 

このほか、法律のプロが介入した場合には、支払ったお金の返還が実現したり、被害届を提出し刑事告発までがおこなえたりすることもあります。

 

 

執拗につきまとわれることがなくなり、さらにはお金が取り戻せる、罰を受けさせることができるということで、相談を意識しはじめた人もここの内容を読んでいる人のなかにはいるでしょう。

 

 

ただ、気になるのはやはり費用のことではないでしょうか。
闇金に手を出しているということで、相談や依頼をするだけのお金がないという人もいるでしょう。

 

 

一般的には弁護士に比べると司法書士のほうが安いのですが、一括での支払いは厳しいという人もいるはずです。

 

この点に関し、良心的なところでは後払いに対応していますし、分割払いに対応しているところもあれば、着手金を取らないことにしているところもあります。

 

 

相談や依頼の費用を工面するのが難しい人は、こうした柔軟な対応をしてくれるところのなかで、対闇金に強く実績が豊富なところに相談や依頼をすると失敗することを防げる可能性が高まるでしょう。

 

 

なお、法律家によっては闇金は暴力団などが絡んでいるため依頼を拒否するところがありますが、全ての法律家が拒否するわけではありませんので、闇金相談に法律家が乗ってくれないとは間違っても思わないでください。