闇金と知らずに借りてしまったは通用しない。事前に慎重な確認を行う。

闇金(やみきん)は闇金融などともいい、貸金業として国や都道府県に登録をおこなっていない業者のことです。

 

また、出資法と呼ばれる法律で決まっている金利(年20.0%)を超える利率でお金を貸している業者のことも闇金といいます。

 

 

なお、貸金業としての登録は済ませているものの、出資法の金利を超える利率でお金を貸すことをしているところは闇金に該当します。
いずれにしても、ルールにしたがわず活動している違法業者はすべて闇金に該当するといっていいでしょう。

 

 

金利だけで「あ、ここは闇金だ」と判断できますが、ほかにも違法業者であることを見極める術は複数あります。
たとえば携帯電話だけ表示していたり、携帯電話と固定電話の両方を表示していたりするようなところは闇金です。

 

 

というのも、貸金業者は固定電話の番号だけで表示をおこなう決まりになっており、携帯電話や固定電話との併記は認められていません。
よって、固定電話の番号が表示されているから信用できるではなく、携帯電話の表示があればアウトであることは頭に入れておきましょう。

 

 

また、登録番号が表示されているかどうかも見極めのポイントになります。
非表示は闇金とすぐにわかりますが、登録番号は偽証しているところもあるため、登録番号の有無だけで闇金かどうかを判断するのは難しいかもしれません。

 

 

このほか、自分のところでは貸さず、ほかの違法業者を紹介し、借入に成功した場合に紹介料を請求してくる紹介屋と呼ばれる悪質業者も存在します。

 

 

さらには本当にある貸金業者や銀行などを騙ったり、似た名前を使ったり、同じロゴや似たロゴを使ったり、実在する金融機関のグループ会社であることを騙ったりして誤認させ、申し込みを誘い込むようなところまであります。

 

 

そのほか、はじめは超高額融資や超低金利を謳っておきながら、ひとたび契約となると違法な金利で貸付をしたり、保証金などといってお金を取り、貸付をしない詐欺行為をする違法業者もあります。