返済に行き詰まり、嫌がらせが始まってしまったら。

闇金に手を出した結果、返済に行き詰まる人は非常に多いです。
ただでさえ金銭的に困窮しているときに返すあてもなく手を出す人が多いため、遅かれ早かれこうなることは想像に難くありません。

 

返済できないとなると闇金は執拗な嫌がらせをしてくることが少なくありませんが、対処法としては2種類があります。
誰にも相談できず苦しむのではなく、真っ先に行動に移すことが自分や家族などを守るためには大切です。

 

 

まず一つ目の方法ですが、警察に行く方法があります。

 

脅迫や恐喝、暴力被害を受けている場合には、動いてくれる可能性があります。

 

 

電話の録音をはじめ、残した証拠を提出することにより警察が動いてくれる可能性は高まるでしょう。

 

 

仮に警察が動いてくれない場合には、次の方法を選択した上で、被害を受けるか身の危険を感じるたびに相談する姿勢でいることをおすすめします。

 

決して警察は頼りにならないと、相談先の候補のなかから除外してはいけません。

 

 

警察署に相談してもダメだった場合、または警察署に行くのと一緒に、警察に行く前に検討したい対策としては、法律の専門家への相談が挙げられます。

 

 

法律の専門家というと弁護士をイメージする人が多いでしょうが、相談〜依頼をすることにより、取り立てがストップするだけでなく、嫌がらせを受けることもなくなります。

 

 

また、上手くいくと闇金に対し支払ったお金が戻ってくることもあります。

 

ただし、相手が相手なだけに、どの法律のプロも快く闇金の借金問題解決に応じてくれるとは限りません。

 

また、対闇金の経験がとぼしいと、思っていたような結果が得られないようなこともあります。
どこに依頼するかは評判がよいところを探すなど、情報収集は必要になるでしょう。

 

 

なお、真面目な人はとくにしっかり返済しようと思うものですが、闇金の場合は貸付をすること自体が法律上無効なため、元本も利息も返済義務はありません。
びっくりした人もいるかもしれませんが、毅然とした態度で闇金に対しては応じ、警察や専門家の力を借りて解決を目指しましょう。