闇金と弁護士がつながっているケースはあるの?

まず一つの例として、実在しない弁護士が対応している場合があります。

 

チラシなどに載っていたところが実は弁護士ではなく、闇金または関連の組織。

 

お金を騙し取られるだけでなく、闇金問題も解決しない、最悪なパターンです。

 

 

 

これは弁護士が存在しないケースですが、有資格者が絡んでいた事例もあります。

 

弁護士が闇金とつながっている場合、相談・依頼者の無知につけこんできます。

 

闇金から借りたお金は基本的に返済する必要はありません。

 

にもかかわらず少額でも返したほうがいいと提案してきたり、裁判に持ち込むのは得策ではないといってきたり、もっともらしい理由をつけて話をしてきます。

 

 

本来は一瞬にして関係を断てる問題であるにもかかわらず、闇金問題が解決しないばかりか、さらには弁護士に対する相談、依頼費用がかかり、余計に状況は苦しくなる一方です。

 

 

まともなところの場合、すぐに取り立て、嫌がらせは止まりますし、場合によっては支払ったお金の返還に向けてのアクションも起こしてくれます。

 

1%でも闇金に肩入れするような発言があった場合には、そこに相談したり何かお願いしたりすることはやめておくのが賢明です。

 

 

これ以外にグルになっている、または仕事ができない法律家に引っかからないために大切なこととして、利用者の評判のリサーチが挙げられます。
相談をする前に弁護士の評判をインターネットで調べてみて、悪評がないか確認しましょう。

 

 

大きいところほど情報は多いですが、そうでない場合には実績を調べたり、上記のように闇金に有利な言動がないか厳しく見ることが大切です。
法律家は先生などといわれてもてはやされますが、サービス業です。

 

 

お金を支払って仕事をお願いするわけですから、借金をしているから、闇金に手を出してしまったからと負い目を感じて何でも受け入れてしまうのではなく、気持ちを強く持って信頼のおける弁護士に相談し、本気で解決を目指すことを強くおすすめします。